ニエのイラスト日記

ニエのイラスト日記

ε=ε=ε=(=^・^=)ネコ好き主婦ニエの雑記ブログ(ΦωΦ)=3=3=3

◯◯で人生を棒に振る有能な人たち(20180504_02)

ニエです:D

 

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

 

最近お酒で(お酒だけのせいかどうかわかりませんが)問題を起こした◯◯メンバーの話題で持ちきりですね。

 

なんでしょうねこういう妙な言い回し。

 

あと以前ギャンブルで会社のおカネを使い込んだ御曹司とかもいたような。

 

有名だったり社会的地位の高い、有能な方もお酒やギャンブルで身を持ち崩すこともあるんですね。

 

 

わたしの場合ストレスがたまったり、逆にヒマすぎて退屈していたりすると何か食べちゃいます。

 

f:id:nie3:20180504104222p:plain

 

あと以前記事にしたスマホゲーム。

 

nie3.hatenablog.jp

 

あれもいまだに依存していますが課金しなくなったのでいいかな。

 

もう少しプレイ時間減らしたいのですが。

 

 

最近読んで面白かった依存症関連の本三冊。

 

高機能アルコール依存症を理解する ーお酒で人生を棒に振る有能な人たち

高機能アルコール依存症を理解する ーお酒で人生を棒に振る有能な人たち

 

 

アメリカの方が書かれた本なのですが、あちらの大学にはパーティースクールと呼ばれる飲み会が盛んなので有名なところがいくつもあり、飲み会目当てで大学を決めたりする子もいるそうです。

 

あちらの大学が飲酒が盛んになりやすいのは寮生活をしている子が多いからという意外な指摘がありました。

 

故郷を離れた寂しさとか、みんな飲んでるからとか、飲んですぐ寝るだけで楽だからとか、男女の重要な出会いの場だったりとかいろいろな要因があるとのことで意外な本でアメリカ文化を知ることができて面白かったです。

 

 

よくわかるギャンブル障害 本人のせいにしない回復・支援

よくわかるギャンブル障害 本人のせいにしない回復・支援

 

 

こちらはギャンブル依存症の本。

 

パチンコ依存症の方は大当たり濃厚な演出を見ながらドキドキしている瞬間が一番楽しくて、実際に大当たりするとスーッと脳が冷めてしまうそうです。

 

大当たり濃厚な演出と言ってももちろん外れることもあります。今のパチンコはデジタルなのでギャンブラー側が『今のは惜しかった。次こそ当たる』と思って当たりを目指して打ち続けても実際には0か1の世界でハズレか当たりしか無いのです。

 

 

男が痴漢になる理由

男が痴漢になる理由

 

 

こちらは痴漢がやめられない男性を治療するクリニックの方が書かれた本。

 

痴漢は性依存症に分類されるのかと思っていましたが、痴漢をしながら勃起していない男性もかなり多いとあり首を捻ってしまいました。

 

こちらも見つからないように、捕まらないように痴漢を行うドキドキ・スリルを味わいたいからとか、女性を辱めて支配下に置く快感を味わいたいからとか、あるいは『痴漢をされたがっている女性というのは確実にいる。俺はそのサインがわかる』という認知の歪みなど理由はいろいろ。

 

 

この三冊は興味深かったです。

 

ところでお酒やギャンブル以外にも依存症っていろいろありますが、共通して何かに依存しやすい性格というのがあるんじゃないかと。

 

ひとつのことにのめり込みやすいというか、そういう脳の特性があるんじゃないかと思います。

 

なのでギャンブルやめたら買い物依存症になっちゃったとか、タバコをやめたら食べ過ぎるようになって太っちゃったとかそういうのありそう。

 

できるだけ無害でお金や時間がかかりすぎず、人聞きの悪くないことに熱中できるといいですよね。